好き放題 diary

好き勝手に生きてみる with 本&映画

【体験談】公務員だったわたしが退職後に傷病手当金と失業手当をもらうために試行錯誤した話

【体験談】公務員だったわたしが退職後に傷病手当金と失業手当をもらうために試行錯誤した話

2021年3月31日に仕事を退職し、公務員ではなくなりました。

退職の理由は業務が体調的にしんどかったからです。

退職時に申請が必要な2大手当金、傷病手当金と失業手当をもらえないかと試行錯誤しました。

結論からいいますと、どちらも要件を満たさなかったためもらえなかったのですが、要件を満たしていればどちらの給付金ももらえる可能性があります。

公務員で退職する際、傷病手当金と失業手当をもらえないかと考えている方のために、わたしの体験をシェアしたいと思います。

 

◆この記事を読んでわかること◆
公務員が退職後、どんな要件を満たせば傷病手当金と失業手当をもらえるのか

公務員だったわたしが退職後に傷病手当金をもらえないか試行錯誤してみた

公務員だったわたしが傷病手当金をもらえないか試行錯誤した体験

傷病手当金は、ケガや病気で働けなくなった時に療養中の生活の保障をする目的でもらえる給付金です。

 給付要件、支給期間、支給額等は以下のとおりです。

厚生労働省より「傷病手当金について」

「傷病手当金について」厚生労働省より

 

要件を満たしていれば、退職後も給付金を受け取ることができます。

 

厚生労働省より「傷病手当金の継続給付の概要」

「傷病手当金の継続給付の概要」厚生労働省より


わたしは地方公務員だったので共済組合に入っていました。
加入していた共済組合の傷病手当金給付の要件を確認すると、このように書いてありました。
 1年以上組合員であった者が、退職時において傷病手当金の支給を受けていたときは、給付期間が満了するまで継続して支給されます。
 また、退職した日において、既に勤務に服することができなかった日以後3日を経過しているが、給料が支給されていたため傷病手当金が支給されていない場合で、退職後も引き続き就労不能の状態である場合は、退職後から傷病手当金が支給されます。

 

この要件を見て、1年以上組合員だったし、病気なのは事実だし、病気で仕事を3日間休んだことがあるし(有給で)、退職後就労不能であると主治医に証明してもらうことも出来そう。それなら今まで受給していなかったけれど退職後から傷病手当金をもらえるのでは?と考えました。
 

結果としてわたしは傷病手当金をもらえませんでした。

なぜなら、患う病気の初診日が在職中でなかったからです。

 

在職中に病気が一旦治ってまた再発したという証明ができれば(医師にそのように申請書にかいてもらうことができれば)傷病手当金の申請が可能でしたが、私が患っている病気は子どもの頃からの長年の病気だったので受給できませんでした。

 

患う病気の初診日が在職中でない場合、傷病手当金ではなく、障害年金が受け取れるかどうかの話になってくるそうです。

 

逆に在職中に初診日があり、要件を満たしていれば、退職後からの傷病手当金の受給も可能なわけです。(※所属する組合に要確認です)

 

退職後ケガや病気で働けない人は、傷病手当金がもらえるととても助かりますよね。

当てはまりそうという人は、退職前から準備して、要件もよく確認しておくといいと思います。

  
 
 

公務員だったわたしが退職後に失業手当をもらえないか調べてみた

公務員だったわたしが退職後に失業保険をもらえないか調べてみた

 国家公務員や地方公務員は、雇用保険法第六条で雇用保険の対象外となっており、基本的にハローワークに行っても失業手当(失業保険)は受け取れません。
 

参照元:電子政府の総合窓口e-Gov - 雇用保険法第六条

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=349AC0000000116

 
ちなみに、「退職手当」は所属機関より給付されます。
 
公務員でも勤続年数が短く退職手当がでない場合、もしくは失業手当相当額よりも退職手当が少ない場合はハローワークで手続きすればお金を受給できる可能性があります。
 
また、公務員でも国立大学法人等の雇用保険法の適用事業所に勤務し、退職した後にハローワークで求職の申込みを行った場合には、失業手当を受け取ることができます。
 
わたしの場合は勤続年数11年ということで失業手当のお金は受け取れませんでした。
退職金(退職手当)をきっちりもらっているので当たり前ですね。

 

まとめ

わたしは傷病手当金も失業手当も受け取ることができませんでした。
 
傷病手当金は自分は要件に当てはまらなかったのでしかたないですし、失業手当の方は退職金(退職手当)をきちんともらっているのでもらえなくて当たり前ですね。
 
どちらの給付金も要件があります。
自分が置かれている状況によって給付金が受け取れるか受け取れないのか分からない時は、所属する組合に聞いてみましょう。
 
退職前の状況が受給できるかどうかを左右することもあるので、退職前によく調べておくといいですよ。
 
こちらの動画も参考になります。
公務員の場合は紹介されている内容が当てはまらないこともあるので、あくまでも参考程度に。

 
以上、公務員だったわたしが退職後に傷病手当金と失業手当をもらうために試行錯誤した話でした。