好き放題 diary

好き勝手に生きてみる with 本&映画

【ネタバレなし】映画『ハーレイ・クイン華麗なる覚醒』を観た感想

先日、現在公開中の「ハーレイ・クイン華麗なる覚醒」を観てきました。

外出自粛要請が出ている地域ではないけれど、もちろんマスク&手指消毒をして新型コロナウイルス対策も心がけながら。

映画館の座席を選ぶ時も、周りと距離を取れる席を選ばないとなぁと考えていたところ…他に誰もいなかった!

貸し切りでした。

きっと映画館も売り上げ落ち込んでいますよね。

微力ながら少しでも売り上げUPに貢献するためポップコーンも購入して、久しぶりの映画館での映画鑑賞を楽しみました。

 

※ネタバレはしていませんが、何の情報も入れない状態でこれから観たいという方にはこのブログを読むことをおすすめしません。

 

 

f:id:suki_hodai:20200502150623j:plain

「ハーレイ・クイン華麗なる覚醒」の概要

DCエクステンデッド・ユニバースに属する作品です。

バットマンと敵対する悪のカリスマ、ジョーカー。そのジョーカーの共犯者兼恋人として知られているハーレイ・クインを主役とし、ジョーカーと別れた後の彼女の姿を描いた物語です。

アジア系の女性映画監督キャシー・ヤンがメガホンをとっており、ハーレイ・クイン役は「スーサイド・スクワッド」に引き続き今最も旬の女優、マーゴット・ロビー。

マーゴット・ロビーは今回製作にも参加しています。

直接の続編というわけではありませんが、今作と同じくマーゴット・ロビーがハーレイ役を務め、ハーレイとジョーカーの関りについても描かれている「スーサイド・スクワッド」の流れを汲む展開となっています。

 

 

「ハーレイ・クイン華麗なる覚醒」のあらすじ

悪のカリスマ、ジョーカーと別れ、傷心から荒んだ日々を送るハーレイ。

そんなハーレイに追い打ちをかけるようにジョーカーの庇護から外れた彼女をねらう恨みのある者たち。

中でも街を牛耳る残忍な敵、ブラックマスクから命を狙われる。

一方ブラックマスクのダイヤを意図せず盗んでしまった少女がいた。

一旦その少女をブラックマスクに差し出し、難を逃れようとするハーレイだったが、改心し仲間とともに少女を守る決意をする。

悪VS悪の予測不能のクレイジーバトルが今はじまる――。

 


DC映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』最新予告編

 

感想&まとめ

 

始終、POPで華やかな映像で目を楽しませてくれました!

 

ハーレイのメイク、ファッション、あいかわらず素敵です。

ファンが多く、ハロウィンでコスプレする人が多いのも納得です。

芸能人でハーレイのコスプレをする人も多いですよね。

ラルクアンシエルのhydeさん、ローラさん、SEVENTEENのジョンハンさんなど。(気になる方はグーグルで画像検索してみてくださいね)

多くの人を惹きつけ、楽しませる容姿とキャラは、スーサイド・スクワッドの頃から変わらず健在でした。

 

アクションシーンも見ごたえがあります。

ショットガンから飛び出す銃弾をカラフルでキラキラな紙吹雪に変えて表現していたり、女性ならではの柔軟さを活かした、しなやかでダイナミックな戦闘シーンは男性主演のアクションとはまた違った魅力がありました。

所詮ジョーカーの女、ジョーカーが恐ろしいのであって彼の庇護から外れたハーレイなんか…と彼女を侮る敵たちをバッタバッタと倒していく様は痛快でした。

 

ハーレイの無秩序な精神をマーゴット・ロビーはとても上手に演じているとも思いました。

失恋で悲嘆にくれたり、いい人間であろうとしたり、欲望に忠実だったり…。

予測できない奔放さはハーレイ・クイーンの魅力の一つでもありますね。

 

残念だった点もありました。

今作、ハーレイには仲間がいます。

口の悪い警官レニー、超高音波の歌声を持つブラック、天才スリ少女カサンドラ、生まれはマフィア一族の殺し屋ハントレス。

全員の背景には触れられているものの、ハーレイとの関りが即席なために仲間になる過程が多少無理やりな気がしました。

それと、仲間たちそれぞれに特殊な力があるとかめちゃくちゃ強いわけではないので、ハーレイ以外のキャラクターの魅力がいまいち伝わってこなかったです。

 正直、無理やり仲間をつくる設定にしなくてもいいんじゃないかな、と思いました。

ハーレイ一人でいいやん、と。

孤独、だからこそ孤高みたいなところあるやん?っていうね。

 

 総合すると、個人的な評価は10点中6点というところでしょうか。

ハーレイのあのメイク、ファッション、自分の欲望にしたがった行動、一度あんなふうに生きてみたいと思ったりもしました(笑)

個人的には、エンタメアクションではなくて、昨年話題をさらった映画「JOKER」のように彼女の人生を壮大なドラマで魅せるような作品が観てみたいなと思います。それくらいキャラクターに魅力があると思うので。

結論:わたし、どんだけハーレイ・クインが好きなんだよ(笑)

 

 

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』公式サイト 大ヒット上映中!