好き放題 diary

好き勝手に生きてみる with 本&映画

ありふれた日常の輝きを描いた映画「パターソン」を観たあらすじ、感想。

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手、パターソンという男の1週間を追ったストーリー。壮大なスケールでもなければアッと驚くトリックもない。それなのに、平凡な男の変わり映えしない日常が輝かしく愛おしく思えてくる、そんな映画です。

 

スターウォーズのカイロ・レン役で知られ、現在最も旬の俳優の一人であるアダム・ドライバーが主演し、創造性のある独特な作風で注目を集めるジム・ジャームッシュが脚本と監督を務めています。

 

アメリカの最も著名な映画レビューサイト、ロッテン・トマトでは96%の満足度と評価されています。

 

パターソン(字幕版)

映画「パターソン」あらすじ

パターソンの1日は、妻と同じベッドで目覚める朝から始まる。

時刻は6時少しすぎたところ。

妻にキスを贈り、ベッドから起き上がって、シリアルとコーヒーで簡単な食事をとる。

妻の写真を内側に貼ったランチボックスを持って歩いて出勤し、整備士と軽く挨拶をかわし、それから夕方まで運転手として規則正しくバスを走らせる。

仕事が終わると妻と食事をとり、夜には愛犬・マーヴィンの散歩に出かける。

散歩の途中で馴染みのバーに寄り、店主な常連客とひと時のおしゃべりを楽しむ。

そしてまた、妻と寄り添って眠りにつく、その繰り返し。

彼の唯一といえる趣味は詩を書くこと。

創作のインスピレーションは日常のあらゆるところにある。

乗客の会話、フロントガラスの向こうにある街の喧騒、そしてマッチ箱。

一番の創作の源は愛する妻だ。

一日中家の模様替えをして過ごし、独創的すぎる料理を作って、突然練習してフェスに出るからギターを買ってほしいと言ってくる奔放な妻。

パターソンは彼女を心から愛している。そして妻もパターソンを心から愛している。

詩を秘密のノートに書きこむことが、パターソンのありふれた日常に気づきをもたらし、今日という日を昨日とも明日とも違う特別な1日にしている。

ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

 

映画「パターソン」感想

決してスケールが大きいわけでも驚くべき大どんでん返しがあるわけでもなく、ゆったりと穏やかにストーリーが展開するため、人によっては退屈に感じるかもしれません。

でも、観終わったあと、パターソンの日常とともに自分の日常さえも輝かしく見える、そんな作品でした。

 

何かを生み出すことはなんでもない日常を特別な1日にする力があるんですね。

パターソンは詩だったけど、何でもいいですよね。

作曲、ダンス、料理、映像をつくる、絵を描く、フラワーアート、陶芸、DIY、写真、など。

アートはどこにでもあるし、創作は誰にでも出来るものです。

自ら創作を楽しむ日常があると、その源を探すために自分を取り巻く物事を意識して感じ取ろうとします。

だからこそ、毎日を新鮮に過ごせるようになるんですね。

 

それから、創作の趣味が人との出会いをもたらすこともあります。

この映画でパターソンがWater Fallの詩を書いていた女の子やニュージャージーを訪ねてきていた日本人詩人と出会うように。

 

この映画を観て、1日1日を特別なものにするヒントをもらったような気がします。

劇中紹介される詩も素敵で、癒されました。

穏やかないい余韻の残る、まさに詩のような映画です。

 

※ 2020/05/01現在 Amazon Prime Videoの定額見放題で観ることができます。