好き放題 diary

好き勝手に生きてみる with 本&映画

2020年本屋大賞ノミネート作発表

さて、本好きにはスルーできない本屋大賞。

ノミネート作品が1月21日に発表されています。

 

本屋大賞とは?

本屋大賞というのは簡単に言うと、

「全国の本屋さんが選ぶ、いちばん売りたい本」

それが本屋大賞です。


もっと詳しく言うと、新刊書の書店(オンライン書店も含む)で働く書店員の投票で大賞が決定します。対象書籍は過去一年(2018年12月1日〜2019年11月30日)の間に刊行された日本の小説。書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。

 

ノミネート作は1月21日に発表されており、大賞が決定するのは4月7日です。

 

また、本屋大賞には「翻訳小説部門」、「発掘部門」もあります。

翻訳小説部門では、2018年12月1日〜2019年11月30日に日本で刊行された翻訳小説から1作品が選ばれます。

発掘部門では、過去に出版された本のなかで、時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと書店員が思った本が選ばれます。 

どちらも大賞が発表されるのは4月7日です。

 

多くの書店で本屋大賞の特設コーナーを設けて大々的な宣伝をし、店頭を華やかにしているのをよく見かけます。

まさに「書店店頭のお祭り」のようなイベントです。

 

今年の本屋大賞ノミネート作品は

以下の10作品がノミネートされています。

 

 

線は、僕を描く

『線は、僕を描く』
砥上裕將(著)
講談社

www.suki-hodai.com

 

 

店長がバカすぎて

『店長がバカすぎて』
早見和真(著)
角川春樹事務所

www.suki-hodai.com

 

 

夏物語

『夏物語』
川上未映子(著)
文藝春秋

 

 

 『熱源』
川越宗一(著)
文藝春秋

 

 

ノースライト

『ノースライト』
横山秀夫(著)
新潮社

 

www.suki-hodai.com

 

 

 

むかしむかしあるところに、死体がありました。

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』
青柳碧人(著)
双葉社

 

 

 

ムゲンのi(上)

ムゲンのi(下)

『ムゲンのi』
知念実希人(著)
双葉社

 

 

medium 霊媒探偵城塚翡翠

『medium霊媒探偵城塚翡翠』
相沢沙呼(著)
講談社

www.suki-hodai.com

 

 

ライオンのおやつ

『ライオンのおやつ』
小川糸(著)
ポプラ社

www.suki-hodai.com

 

 

【2020年本屋大賞 大賞受賞作】流浪の月

『流浪の月』
凪良ゆう(著)
東京創元社

 

www.suki-hodai.com

 

 

 

おわりに

今回は軽めの作品が多い印象です。

表紙がマンガチックだったり、タイトルにインパクトがあったりして、見た目からしてキャッチーな本が多いですよね。

数冊手に取ってみましたが、中身も割と平易な言葉で書かれていて、サッと読めるものが多そうです。

 

本屋大賞に毎年参加している本屋の書店員さんが、

「本屋大賞は“売れてる本”を選ぶんじゃなくて、“本屋が売りたい本”を選ぶ賞なはずなんだよ。でも実際はすでに売れてる本が選ばれるんだよな。俺はいつもちゃんと売りたい本に投票するよ。だから自分が投票する作品はいつも選ばれないんだよな(笑)」


と言っていたことがあります。


まさにそのとおりな気がしますね。

最近は“すでに売れている本”が大賞に選ばれることが多いですから。

 


なにはともあれ、今や芥川賞や直木賞よりも注目され、売上に直結するという本屋大賞のゆくえ。

どの作品が選ばれるか楽しみ!

ノミネート作品を読んで、どれが大賞になりそうか予想するのも楽しいですね♪

 

私も気になった作品を読んで感想をブログにUPしていくつもりです。

そして大賞を予想してみたいと思います!

 

本屋大賞HP